サブリースで経営を代行~サブリースで経営の手間減らし隊~

女性

留守の間貸す

握手

住宅を留守にしてる間、その物件を賃貸として貸す、リロケーションは新しいビジネス方法として注目を集めています。あくまで、住宅を留守にしている間、賃貸として貸し、家賃収入を得ることができるため、管理費がほとんどかかりません。賃貸アパート経営や、賃貸マンション経営にはどうしも管理費がかかってしまいます。そのため、空き室リスク等が起こると、赤字になることもありますが、リロケーションにはほとんどそのような事は無いため安心して家賃収入を得られるのです。ただ、リロケーションだからといって、必ずしも家賃が得られるわけではありません。というのもリロケーションした物件を借りたい人は、その物件を見つけられず一般的にはリロケーション会社に問い合わせて、物件を探します。そのため、リロケーション会社と協力していない物件は、借りたい人に見つかりにくく、家賃収入を得られないこともあるのです。

家賃収入を得るためには、まず借りたい人に見つけてもらうことも大切です。リロケーション会社は、あらゆる広報戦略を活用して、リロケーション物件を宣伝してくれます。そのため、入居者も見つかりやすくすぐに家賃収入を得ることも可能です。また、留守の間、リロケーションの問題に対応してくれることもあります。そのため、リスクをできるだけ回避することも可能です。基本的にリロケーションの契約は途中で破棄できないため、入居者との契約中に住むことは不可能です。そのため、リロケーションの契約には気をつけましょう。